HOME >  スタッフ紹介

スタッフ紹介

院長写真
院長 林洋平

私は、祖父が耳鼻科医で幼いころから祖父の働く姿を見て育った私は、大きくなったら人の体を診る仕事をしたいと思っていました。
その思いもあって高校卒業後に鈴鹿医療科学大学の鍼灸科に進みました。

なぜ鍼灸かというと、自分が高校時代にサッカーをしていた時に肉離れや捻挫などの怪我をすることが多かったのですが、その時に治療してくださったのが鍼灸師の方でした。

その鍼灸師の方は、とても親切に治療してくださり、大事な試合にも間に合いました。その時の印象が非常に強く残っており、同じような悩みを持ったスポーツ選手を治したいと考えて鍼灸を選びました。

大学で鍼灸の免許を取得した後は、解剖や生理学で興味を持った西洋医学の分野も学びたい・ケガなどの外傷も治療していきたいと思い、東京にある柔道整復師の専門学校に入りました。
夜間の部へ通っていましたので、夜は専門学校で勉強、朝から夕方は鍼灸接骨院で仕事をする日々でした。

この時に、年間で1万人以上の方々が来院される治療院でしたので、たくさんの経験を積んできました。今では、この経験が自分の中で大きな自信となりました。

自分の考えは、鍼灸で身体の内面・柔道整復で身体の外面・これでいろいろな症状に対して治療できると考えております。鍼灸の考えの方だけでなく、柔道整復の考えを合わせることで、より多角的に症状を捉えられ、多くの患者さんの痛みに対応できると考えています。

たくさんの臨床経験を積んできたと思いますので、様々な方へ安心して治療を受けていただけると思います。
治療だけでなく、その先の患者さまの笑顔あふれる豊かな日常生活を目指して治療していきます。

まだまだ未熟かもしれませんが、精一杯施術させていただきますので、よろしくお願いします。

院長の施術風景および資格

副院長写真
副院長 東健太

私が鍼灸師を目指したきっかけは、高校生の時に友人との間で〝足つぼごっこ″が流行った時に友人の1人から「足つぼ上手いからそっちの道いきなよ」と言われたのがきっかけでした。
マッサージ師の資格が必要だと思い、進路指導室に足を運び、マッサージの専門学校の資料を探していると唯一あったのが鍼灸の専門学校の資料でした。
当時の私には他に何の手がかりもなく、その学校の情報しか無かったのでそのまま鍼灸科の道を選びました。
すごく安易な理由で選んだ進路でしたが、専門学校を卒業し実際に施術に入って感じたことは「こんなに面白い世界があったなんて…」という感覚でした。

最初の鍼灸院では自分の甘さや未熟さを痛感する毎日でしたが、患者様に真摯に向き合うことで院長を任せられるまでに成長しました

その治療院では鍼灸師として、人間としての基礎をたくさん学びました。

その後5年間務めた鍼灸整体院では分院長として人の上に立つ難しさ大変さを学びました。またその治療院は中国鍼を使った治療をメインに行っており、中国鍼も学ぶことができました。

鍼灸の学校を卒業して約10年近く経ちますが、今でも日々反省と発見の連続です。
その反省を活かし、技術や知識を身に付けた分だけ人が喜んでくれる
そんな事を肌で感じられるので今となってはこの進路を選んで良かったなと心から思います

今の私が感じているのは、ひたすら自分の技術・知識を高め続けていきたいということです。そして身体が辛い方々の辛さをとることで貢献したいです。
鍼灸治療はもちろんですが、今まで培った手技療法も駆使して少しでも症状を改善できるように努めていきたいと考えています。

そして身体だけではなく心身共に元気にできるような施術家を目指して頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いします。

副院長の施術風景および資格
お問い合わせ

▲ページTOPへ